閉じる
  1. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  2. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  3. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  4. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  5. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  6. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  7. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  8. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  9. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  10. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
閉じる
閉じる

タイの話題

「肝炎」と一口にいってもその感染経路はさまざま。いずれにしても「ナマモノ」は避けた方が無難です。


A型肝炎に感染したらしばらく会社はお休み。完全に予防することは難しいですが、ナマの貝と屋台の生野菜を口にしないだけでも感染確率はかなり下がります。

ウイルス性肝炎にはA型、B型、C型、D型、E型の5タイプがあります。ここではタイで感染例の多いA型、B型、E型を説明します。

A型肝炎

A型肝炎ウイルスに汚染されたカニ、ムール貝・アサリ・カキなど貝類、野菜などを食べたり、汚染された水を飲むことで感染します(経口感染)。ウイルスは動物の糞便にいますので、肥料に糞便を使用した野菜は特に注意が必要です。といってもどれがその野菜か分かりませんので、生野菜は丁寧に洗ってから食べるようにしてください。屋台の生野菜はかなり危険です

30日程度の潜伏期間の後、高熱、激しい疲労感、吐き気、食欲不振、黄疸、大便が白くなる、尿が濃い紅茶色になる、などの症状が現れます。また、肝臓が腫れ、肝臓障害が起こることもあり、この場合は症状が特に深刻となります。

特効薬はありません。1、2カ月安静にするしかありません。

大人が感染した場合は、2、3週間、非常に苦しむことになります。症状が最も重い時期はベッドから起き上がることすら難しくなります。ただ、死亡率は0.5%以下です。

ただ、子どもの場合は風邪を引いた程度の症状しか現れず、肝炎に感染していることに気付かないケースもあるようです。

最高の予防方法は生モノを避け、火の通ったモノを食べることです。タイでは時々、地域単位で流行します。その都度、このサイトで紹介しますので、参考にしてください。

とはいうものの、貝と野菜はナマほど美味しいというのも事実です。そのため、生モノを絶対に食べないというのは難しいかもしれません。そこで、有効なのが予防ワクチンの接種です。ワクチンの接種回数は全3回(初回、1カ月後、6カ月後)です。ただ、このワクチンはかなり痛く、その日1日つぶれると思った方がいいかもしれません。私の場合には発熱もありました。

なお、A型肝炎は一度感染すれば免疫ができるため、2度と感染しません。そして、慢性化することもありません。

E型肝炎

E型肝炎の感染ルートはA型肝炎と同じです。慢性化することはなく、1回罹れば終生免疫を持つ点はA型と同じですが、違うのは死亡率が2%と高いことです。

特に妊婦が羅患すると重症化する可能性が高く、妊娠後期で罹患した場合は死亡率は20%と跳ね上がります。妊婦にとっては最も警戒すべき病気にひとつです

タイではE型肝炎で入院する日本人が少なくありません。治療は対症療法のみで、予防ワクチンはまだありません。

B型肝炎

性交、注射、いれずみ、針治療などにより感染します。1カ月から6カ月の潜伏期間の後、全身倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などの症状がでてきます。

治療を怠りますと、肝硬変、肝臓癌へと移行しますので、要注意です。予防法はコンドーム着用の徹底、かみそり・歯ブラシの共用を避けることです。つまり、HIV感染防止と同じです。

また、予防ワクチン接種は非常に有効で、接種回数は全3回です(初回、1カ月後、6カ月後)。ただ、痛さはA型肝炎で紹介した通りです。

出産時に子どもが母親から感染し、慢性化することも多く、この場合、子どもは将来、肝硬変や肝臓ガンになる可能性が高まります。日本では母親から子どもへの感染を防ぐため、出産時にワクチンを投与するのですが、タイではこれが徹底していないため、タイ人の9%が慢性B型肝炎のキャリアといわれています。恋人ができた時には関係を持つ前にまず検査をした方がいいかもしれません。

なお、大人になってから感染した場合には、慢性化することはなく、99%治癒します。ただ、1%は劇症化して死に至るケースがあるため、早期治療が大切になります。

関連記事

  1. タイで毎年経験する食中毒。こればかりは完全予防は無理なようです。…

  2. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決…

  3. 日本ではしかが流行しています。埼玉ではタイ人観光客、名古屋ではタ…

  4. タイでは近年、バナナが健康食として大人気。コンビニではしばしば売…

  5. 日本もタイも急速に高齢化が進んでいます。健康寿命を延ばすためには…

  6. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  2. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  3. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  4. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  5. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  6. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  7. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  8. タイに移住する前、仕事で高島屋とかかわりがあったためか、この百貨店には特別な思いがありま…
  9. タイ保健省疾病予防局は4月18日、今年のデング熱感染者が6565人、死者18人となったことを発表しま…
  10. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
ページ上部へ戻る