閉じる
  1. タイで一向に減らない交通事故 事故を起こした男性が「赤は進めだろ」
  2. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  3. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  4. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  5. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」
  6. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見ていま…
  7. タイ人の本音② ~ 日本人・日本企業はこう思われています
  8. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
閉じる
閉じる

三面記事で知るタイ

「酒は百薬の長」であり、適度な飲酒は健康にいい、と以前は信じられていましたが、どうもそれは間違いのようです。

私の高校時代、大酒のみの父親の愛読書は「リーダーズダイジェスト」でした。私もそこそこ熱心な読者でしたが、とある号に「酒は百薬の長」とするコラムが掲載されてました。それまで、酒には悪印象しかありませんでしたが、その時初めて、「なるほど。酒を飲むと長生きできるのか?」と高校生の単純な頭で考え、酒に興味を持ち、大人になると、立派な酒飲みになっていました。タイに住むようになり、酒量が異常に増え続けたため、数年前に「このままではまずい」と断酒を宣言。医師の力も借り、なんとか実現することができました。

しかしその後も、1日にビール中瓶1本、日本酒一合、ワイングラス1~2杯程度なら、飲まない人に比べ、血行がよくなり動脈硬化のリスクも軽減し長生きできる、との研究成果に触れるにつけ、「ビール1本くらいは平気さ」との悪魔のささやきを感じることもしばしばでした。

ところが昨年放映された『林先生が驚く初耳学!』で、「適量な飲酒は健康にいい」とする研究には、「飲酒をしない人のサンプリングに不備のあったことが今では判明している」との話がありました。その後、ネット検索もしたのですが、「まったく飲酒をしないグループ」の中に、「ドクターストップにより飲めない人」「虚弱体質によりアルコールを受け付けない人」も複数含まれていたそうです。確かにこれらの方々はグループの平均寿命を引き下げる可能性が高いでしょう。

今でも諸説あるようですが、結論としては、「健康のためには酒は飲まないにこしたことはない」というのが有力なようです。  ある研究では健康によい適量は10日にビール中瓶半分、日本酒半合とされていますが、これを実行できる方は皆無でしょう。

ただ、適度の酒で止めることができるなら、やはり酒席は楽しいですし、ビジネスツールとしても役立ちます。そのため、「二日酔をしないで済む程度の酒量なら問題なし」という選択肢もありだろうと、適量で止めることのできなかった私は思います。

関連記事

  1. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には…

  2. 身体いい食品のトップは「水」、タイの見本市にも時々出品されていま…

  3. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。…

  4. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・…

  5. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

  6. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本語が堪能なあるタイ人経営コンサルタントによると、タイ人は日本人の上司が自分に対して何をしてくれた…
  2. タイでは大学の成績上位者の間で日本企業の人気が低いといいます。上昇志向が強ければ強いほど、日本企業へ…
  3. バンコク日本人商工会議所の会員企業が1700社を超えるなど、タイには自動車業界を筆頭に日本企業が集積…
  4. タイの地方では以前、「免許証は買うモノ」とされていました。まず、オートバイを買う。そして、そのオート…
  5. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
ページ上部へ戻る