閉じる
  1. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  2. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  3. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  4. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
  5. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  6. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  7. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待…
  8. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  9. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  10. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
閉じる
閉じる

タイの話題

「酒は百薬の長」であり、適度な飲酒は健康にいい、と以前は信じられていましたが、どうもそれは間違いのようです。

私の高校時代、大酒のみの父親の愛読書は「リーダーズダイジェスト」でした。私もそこそこ熱心な読者でしたが、とある号に「酒は百薬の長」とするコラムが掲載されてました。それまで、酒には悪印象しかありませんでしたが、その時初めて、「なるほど。酒を飲むと長生きできるのか?」と高校生の単純な頭で考え、酒に興味を持ち、大人になると、立派な酒飲みになっていました。タイに住むようになり、酒量が異常に増え続けたため、数年前に「このままではまずい」と断酒を宣言。医師の力も借り、なんとか実現することができました。

しかしその後も、1日にビール中瓶1本、日本酒一合、ワイングラス1~2杯程度なら、飲まない人に比べ、血行がよくなり動脈硬化のリスクも軽減し長生きできる、との研究成果に触れるにつけ、「ビール1本くらいは平気さ」との悪魔のささやきを感じることもしばしばでした。

ところが昨年放映された『林先生が驚く初耳学!』で、「適量な飲酒は健康にいい」とする研究には、「飲酒をしない人のサンプリングに不備のあったことが今では判明している」との話がありました。その後、ネット検索もしたのですが、「まったく飲酒をしないグループ」の中に、「ドクターストップにより飲めない人」「虚弱体質によりアルコールを受け付けない人」も複数含まれていたそうです。確かにこれらの方々はグループの平均寿命を引き下げる可能性が高いでしょう。

今でも諸説あるようですが、結論としては、「健康のためには酒は飲まないにこしたことはない」というのが有力なようです。  ある研究では健康によい適量は10日にビール中瓶半分、日本酒半合とされていますが、これを実行できる方は皆無でしょう。

ただ、適度の酒で止めることができるなら、やはり酒席は楽しいですし、ビジネスツールとしても役立ちます。そのため、「二日酔をしないで済む程度の酒量なら問題なし」という選択肢もありだろうと、適量で止めることのできなかった私は思います。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”oldman_egao.jpg” name=””]健康のためには酒量は少なければ少ないほどいい、というのが真実のようです。[/speech_bubble]

関連記事

  1. 日本ではしかが流行しています。埼玉ではタイ人観光客、名古屋ではタ…

  2. 今年のタイは雨季が長びくとか。デング熱には十分注意してください。…

  3. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決…

  4. 身体いい食品のトップは「水」、タイの見本市にも時々出品されていま…

  5. 日本もタイも急速に高齢化が進んでいます。健康寿命を延ばすためには…

  6. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  2. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  3. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  4. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  5. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  6. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  7. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
  8. タイに移住する前、仕事で高島屋とかかわりがあったためか、この百貨店には特別な思いがありま…
  9. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  10. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
ページ上部へ戻る