閉じる
  1. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  2. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極力蚊に…
  3. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  4. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
  5. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  6. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  7. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  8. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  9. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
  10. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
閉じる
閉じる

タイの話題

身体いい食品のトップは「水」、タイの見本市にも時々出品されています。

美味しい日本食を作るには良質な水が必要です。そのため、タイで開催される食品見本市には日本のミネラルウォーター生産者も出展しています。

健康をテーマとしたウエブサイト「Healty Living」が「健康にいい食材50」をリストアップしていますが、ここでベスト3に選ばれたのが、以下の3食材です。

第3位ブルーベリー。コレステロール値を引き下げ、糖尿病のリスクを減らし、アンチエイジングにも役立ちます。

第2位いちご。カロリーが低く、繊維が多く、ビタミンCも豊富。認知症予防に役立つともいわれています。

そして、第1位は水。人間の身体の60%は水でできており、体内の水が少なくなると、血液の流れや代謝が悪くなります。そのため、水をたくさん飲むと便秘改善になり、老舗物を排出することで代謝もよくなり、美肌効果が期待できるとのことです。乾燥肌、シワ、たるみも改善され、アンリエイジング効果もあるといいます。

さらに、ウイルスや細菌と戦う免疫力が高まり、脳の働きもよくなり、記憶力増進にも役立つといわれています。

1日に飲む水の量は1・5リットルから2リットルが適量。このほか、体重を30で割った量(リットル)を飲むべきとの説もあります。つまり、60㌔の人は2リットルになります。これを何度かに分けて飲む。1回の量は200リットルが適当ということです。なお、冷水ではなく、常温水にしてください。身体は冷やすと血管が縮み、血液の流れが悪くなるからです。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”man_egao.jpg” name=””]タイでも各種ミネラルウォーターが販売されています。いろいろと試してみてください。[/speech_bubble]

関連記事

  1. 日本ではしかが流行しています。埼玉ではタイ人観光客、名古屋ではタ…

  2. 高血圧の原因は遺伝、ストレスなどいろいろですが、アジア系人種には…

  3. タイで毎年経験する食中毒。こればかりは完全予防は無理なようです。…

  4. 今年のタイは雨季が長びくとか。デング熱には十分注意してください。…

  5. 「酒は百薬の長」であり、適度な飲酒は健康にいい、と以前は信じられ…

  6. マラリア感染の大半はアフリカでタイは感染例が少ないですが、国境で…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  2. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  3. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
  4. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  5. タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです…
  6. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  7. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  8. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  9. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
  10. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
ページ上部へ戻る