閉じる
  1. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  2. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  3. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  4. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
  5. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  6. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  7. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  8. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  9. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
  10. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
閉じる
閉じる

タイの話題

タグ:医療

「遺体を焼いてしまえば何も残りません。しかし、死後に臓器を提供することで多くの人々に新たな人生を与えることができるのです」タイ赤十字社臓器提供センターはタイ国民に対しそう呼びかけています。タイでは生きているう…

ピックアップ記事

  1. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  2. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  3. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  4. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  5. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  6. タイ保健省疾病予防局は4月18日、今年のデング熱感染者が6565人、死者18人となったことを発表しま…
  7. タイ東北部ノンカイ県在住の少女(15歳)が狂犬病に感染して死亡しました。これで今年に入り8人が狂犬病…
  8. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  9. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  10. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
ページ上部へ戻る