閉じる
  1. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  2. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  3. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  4. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりました。…
  5. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  6. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  7. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  8. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  9. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  10. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
閉じる
閉じる

タイの話題

「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。


2020年の東京オリンピックを控え、禁煙エリア拡大論議が活発になっているけど、どうも日本は「健康よりマネー」のようだな……

たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれています。そのため、非喫煙者がこの副流煙を吸い込んでしまう「受動喫煙」による健康被害を減らすため禁煙エリアを拡大する論議が日本でされてきましたが、「健康よりマネー」が大切な自民党たばこ族議員の横やりにより、当初喫煙が可能なのは30平方メートル以下の飲食店となるはずが、結局、150平方メートル以下の飲食店と大きく後退する可能性が高まっています。

そうすると、例えば東京では個人経営の飲食店の大半で喫煙が可能となってしまいます。喫煙者が健康を損なうのはどうでもいいとして、可哀そうなのは、そのような店でしか働くことのできない弱い立場の人間が、吸いたくもない「毒煙」を吸い、健康を害していくことです。自民党の大西英男衆院議員からは「(がん患者は)働かなくていい」という鬼のような失言が飛び出しましたが、健康に問題のある人は健康に悪い職場を選ばざるを得ず、また、医療費をねん出できずどんどん悪化していくのが現実です。

一方、タイはといえば、屋内の飲食店・居酒屋・パブ・ナイトクラブなどすべて禁煙こっそり喫煙を許している居酒屋、焼肉レストラン、バーなどもありますが、これらはすべて違法です。違法喫煙の罰金は最大で5000バーツ。バンコクの最低賃金は日額310バーツ(930円)、東京は8時間労働として7664円。約8倍の収入差があることを考えれば、実に12万円に相当する金額を科していることになります。

世界保健機関(WHO)によれば、飲食店、ナイトクラブなど屋内喫煙を全面禁止とした国は約50カ国。日本は「世界最低レベル」との評価を受けています。

日本では喫煙規制による飲食店の売り上げ減少も建前としては懸念されていますが、これまでのWHOの調査ではそのような事実はほとんどなく、逆に非喫煙者が禁煙店を好んで選ぶため、売上が伸びるケールも少なくないとか。タイでも屋内の飲食店・居酒屋・パブ・ナイトクラブなどすべて禁煙ですが、売り上げが大きく落ちたという話は耳にしません

国際オリンピック委員会とWHOは「たばこのない五輪」を提唱しており、あの中国ですら開催国となった時は室内での禁煙を法制化しています。国際的な潮流に逆行する日本の喫煙政策。たばこ族議員はタイに来て勉強してください。

関連記事

  1. 日本もタイも急速に高齢化が進んでいます。健康寿命を延ばすためには…

  2. バンコクでは1日6人がHIVに感染しているそうです。匿名で血液検…

  3. タイで毎年経験する食中毒。こればかりは完全予防は無理なようです。…

  4. タイでは近年、バナナが健康食として大人気。コンビニではしばしば売…

  5. 今年のタイは雨季が長びくとか。デング熱には十分注意してください。…

  6. 高血圧の原因は遺伝、ストレスなどいろいろですが、アジア系人種には…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  2. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  3. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  4. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  5. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  6. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  7. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  8. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  9. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  10. タイに移住する前、仕事で高島屋とかかわりがあったためか、この百貨店には特別な思いがありま…
ページ上部へ戻る