閉じる
  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  2. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  3. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  4. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  5. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  6. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
  7. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  8. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  9. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  10. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
閉じる
閉じる

タイの話題

日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要なの?


東海道新幹線の運用最高速度が時速300キロ。これと同じスピードの高速鉄道は今のタイには必要ないだろう。需要無視の売り込みだな。

タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄道を整備する計画が検討されています。ただ、チェンマイは素朴な観光都市であり、特別な政治機能、経済機能があるわけではありません。内外の観光客は多いですが、格安航空の便数も多く、アクセスに不便することはあまりありません。ここに総整備費4200億バーツ(約1兆4700億円)ともいわれる大金をかけ、時速300キロの新幹線方式の鉄道を建設することを日本政府は提案しています。

昨年12月14日には、第1フェーズで開発するバンコク・ピサヌローク間(約380キロ)の事業化調査最終報告書が訪タイした牧野副国交相からタイのアーコム運輸相に渡されました。この報告書に書かれている全体像では、合計12駅を整備し、所要時間は3時間半、運賃1000バーツ以上を想定しています。仮にタイ政府がこのスペックで正式決定した場合、2019年着工、25年完成が可能としています。さらに、報告書ではタイに経済効果をもたらし、50年で採算がとれるとされていますが、どうしても優先順位の高いプロジェクトとは思えません。

この新幹線計画が浮上したのは2013年。現在国外逃亡中のインラック前首相の時代です。当時、 2020年までに2兆バーツ(約6兆5000億円)を投じて新幹線方式を含む4本の高速鉄道などの大型インフラを建設しようというタイ政府の交通計画に野党・経済界がいっせいに反発していました。

現在、政府の経済政策をほぼ一任されているソムキット副首相は当時、政権批判の急先鋒であり、自らが主宰する団体が開催したセミナーでも「高速鉄道は150キロで十分。それもチェンマイではなく、東部の工業地域とバンコクを結ぶべきだ」との提言をまとめていました。

インラック首相(当時)も国会で新幹線を建設するメリットを問いただされ、「新幹線があれば、地方の野菜をバンコクにその日のうちに運べる」と発言するなど〝迷走〟を続け、しまいには、「野菜を運ぶ新幹線」と曲名に皮肉を込めた歌までネット上に登場することになりました。

それから5年がたった今、現運輸相は新幹線計画に乗り気のようですが、やはりソムキット副首相にとっては、それほど魅力的なものではないようです。現地報道ではプラユット首相は最高時速を180-200キロ程度に引き下げることで総整備費を縮小することができないか検討するよう運輸省に指示したとのことですが、これはおそらくソムキット副首相の意向を受けてのものでしょう。(2018年2月、ソムキット副首相は最高時速300キロに賛成しましたが、その一方で、建設費用の半分を日本側の投資でまかないたいとの考えも表明しました。さすが、タイ人、駆け引き上手)

日本政府はタイに新幹線を導入し、中国と争っている鉄道輸出のシンボルとしたいようですが、その実現はなかなか難しそうです。

関連記事

  1. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……

  2. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思える…

  3. タイでの労使関係を面倒なものにしている原因はタイ人幹部(?) 労…

  4. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差…

  5. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」

  6. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  2. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
  3. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  4. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  5. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  6. タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです…
  7. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  8. タイに移住する前、仕事で高島屋とかかわりがあったためか、この百貨店には特別な思いがありま…
  9. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  10. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
ページ上部へ戻る