閉じる
  1. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  2. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  3. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  4. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  5. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  6. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  7. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  8. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  9. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  10. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
閉じる
閉じる

タイの話題

つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭がんを発症する奥様は多いそうです。


がんと喫煙の関係には諸説ありますが、こと喉頭がんについては、その原因の9割がたばこといわれているそうです。

2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受け、タイ代表チームの監督を辞任しました。ロブソン氏は元イングランド・サッカーチームの主将。09年9月、タイ代表チームの監督に就任し、その手腕が期待されていたのですが、がんのため、監督の座を降りることになりました。

日本では2014年、音楽プロデューサーのつんく♂さんが、喉頭がんの手術を受け声帯を摘出しています。30代半ばに禁煙するまで1日2箱の軽度ヘビースモーカーだったそうです。

喉頭というのは「のどぼとけ」のことで、ここには声を出す器官である声帯があります。喉頭がんの治療は、手術と放射線治療が中心となりますが、仮に喉頭をすべて摘出した場合には当然、声を失うことになります。

その場合、喉頭の部分に穴があきますので、入浴は胸まで、さらに、気管支炎で苦しむことも多くなります。

声を出すには、器具を使用するか、食道部分を使って発声するしかありません。意思の疎通ができるというだけで、会話を楽しむことは非常に難しいというしかありません。この食道発声をする方と何回か話したことがありますが、声は機械的で、搾り出すという感じのため、話していて、こちらが息苦しくなってきます。それでも、発声できるというのは、大変なご努力とご苦労のたまものなのです。タイでは、途中で挫折する人もかなりいるそうです。

そして、この喉頭がんの原因の約9割が喫煙といわれています。大手たばこ会社などは「喫煙と肺がんには因果関係がない」との学説を「葵の御紋」のごとく掲げていますが、喉頭がんに関しては、喫煙が主原因であることに疑問の余地はないようです。

1989年に設立されたタイ国喉頭摘出者協会は喉頭がんで喉頭を全摘出した人の集まりです。同協会の設立者であるカルン氏は、20 年にわたり1日2箱ほど吸っており、86年に喉頭の全摘出手術をしたことで声を失い、失業。そこで、89年、喉頭を摘出した者の自立などを支援するために同協会を設立したといいます。

カルン氏にお会いした際、「男性会員は全員が元喫煙者ですが、女性会員には非喫煙者もいます。ただ、その場合は例外なく家族に喫煙者がいます」との話を伺いました。

喫煙者が声を失うのは自業自得ですが、同居者の声を失わせるとなるとことは重大です。まさに百害あって一利なし。私自身、1日3~4箱のヘビースモーカー時代、どれほど多くの人の健康を害したかと考えると、なんとも恐ろしくなります。

関連記事

  1. 高血圧の原因は遺伝、ストレスなどいろいろですが、アジア系人種には…

  2. タイでは近年、バナナが健康食として大人気。コンビニではしばしば売…

  3. タイで毎年経験する食中毒。こればかりは完全予防は無理なようです。…

  4. 日本ではしかが流行しています。埼玉ではタイ人観光客、名古屋ではタ…

  5. 今年のタイは雨季が長びくとか。デング熱には十分注意してください。…

  6. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
  2. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  3. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
  4. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
  5. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  6. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  7. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  8. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  9. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  10. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
ページ上部へ戻る