閉じる
  1. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  2. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  3. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  4. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  5. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  6. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  7. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  8. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
  9. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待…
  10. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
閉じる
閉じる

タイの話題

日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右されそうです。


日本語のネイティブスピーカーが来るとタイ人教師の日本語レベルが露呈することになる。これ、プライドの高いタイ人は嫌がらないかな…

グーグル人事部の新入社員選考基準のひとつが、自分より優秀な人材を選ぶことだといいます。ただ、タイでは自身のポジションを脅かす人材を雇用することを好まないため、最初に妥協をして「とりあえず」で募集してしまうと、その会社では「とりあえず」のレベルがその後も続くことになるようです。

2020年までに現地の日本語教師・学習者を側面支援する日本人3000人をASEAN諸国に中期派遣するという「日本語パートナーズ派遣事業」。 2014年4月、国際交流基金内にアジアセンターが設立され、その目玉事業として立ち上がったプロジェクトです。

第1期としてタイには、14年9月から翌年3月まで20歳から69歳までの個性的な男女29人が派遣され、タイ全国21県の高校でタイ人日本語教師とペアを組み日本語の授業を行いました。

今は第5期の69人が2018年3月まで全国32県の高校 69 校で日本語の授業を行っています。

タイの高校の日本語学習者は約 11 万人。教育機関数・学習者数ともに年々増加しています。2010 年からタイ教育省では第二外国語教育に力を入れており、理数系も含めた全てのクラスで英語以外の第二外国語の履修が可能となりました。これが日本語履修者が増えた背景のひとつですが、そのため、日本語教師が不足し、十分な日本語教育を受けていない教師も日本語教師として教壇に立つことになりました。

それでも、日本人が来る前は、自身の天下でした。そこにネイティブが登場するわけですから、プライドを損ねる教師がいたとしても不思議はありません。実際、ある学校では日本人教師との関係がぎくしゃくしているといいます。

これからは派遣先の教師に対し気遣いができるかどうかも選考基準に入れた方がいいかもしれません。タイ人は一度関係を壊すと修復が非常に困難。忘れてほしくないことはよく忘れますが、忘れてほしいことはなかなか忘れてくれません。いずれにせよ、タイ人のプライドを傷つけない立ち振る舞いは、タイで仕事をする日本人にとって非常に大切といえそうです。

関連記事

  1. タイでも多くの患者がドナーを待っています。そのためタイ赤十字では…

  2. 浮気症といわれるタイ人男性ですが、ある夜、なかなか感動的なシーン…

  3. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来…

  4. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので…

  5. 「マイペンライ」「インシャラー」「ノープロブレム」 ー 旅行者を…

  6. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  2. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  3. タイ東北部ノンカイ県在住の少女(15歳)が狂犬病に感染して死亡しました。これで今年に入り8人が狂犬病…
  4. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  5. タイに移住する前、仕事で高島屋とかかわりがあったためか、この百貨店には特別な思いがありま…
  6. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  7. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  8. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  9. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  10. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
ページ上部へ戻る