閉じる
  1. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  3. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  4. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  5. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  6. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  7. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  8. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  9. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  10. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
閉じる
閉じる

タイの話題

知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャップカン」


バンコクの中国人街で60年の歴史をもつ激安大盛り麺。ジュライ・楽宮沈没組には北京飯店とならぶ有名店です。

30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を気取っていたわけではなく、本当に金がなったため、一食の予算は最大15バーツ(当時、1バーツ約5円)。この時に満腹感を与えてくれる数少ない一品が「バーミー・チャップカン」でした。

チャップカンはタイ語で肉体労働者を意味します。つまり肉体労働者のためのバーミー(麺)。口の悪い連中は「貧乏人バーミー(バーミー・コンチョン)」などと呼んでいましたが、それでも嬉々として食べていたわけですから、別にさげすんでいたわけでも、自身を卑下していたわけでもありません。「愛称」に近い感覚でそう呼んでいました。

バーミー・チャップカンは兎にも角にも量が多い。今から60年以上も前、炎天下で一日働いても大した収入があるわけではない労働者に満腹になってもらおうと考え特盛バーミーの提供を始めたそうです。現在の店主は3代目。時代は変わり、客層は変っても、初代の思いは生き続けています

人気はバーミーヘン(スープなし麺)。自家製の麺に、適度に煮込んだチャーシューと広東菜をのせるだけ。ただ、炭火で調理するためか、火の通り具合が絶妙。価格は普通が35バーツ、大盛り45バーツですが、まずは普通を注文されることをお勧めします。とんこつで出汁をとったバーミーナム(スープ麺)も悪くありませんが、やはり最初はバーミーヘンをお試しください。

ロケーションは、チャルンクルン通り23・ソイチャルンチャイ1。かなり分りにくいところにありますので、初めて行く場合は著名中国寺院モンコンカマラワート寺院を目指し、そこでタイ人に「バーミー・チャップカンはどこ?」と尋ねるといいでしょう。営業時間は午前8時から午後7時となっていますが、麺もしくは具がなくなれば閉店です。客席は店内と店外あわせて約30席ほどです。

私が足しげく通った30年前には、食べ過ぎて店の周辺でもどしている輩もいました。当時に比べると確かに量は少なくなり、価格も上がりましたが、それでもコストパフォーマンスはタイで最高といって過言でないでしょう。当時苦労して働き財を成した人が高級車で乗りつけ、従業員の食事として大量購入することもあるなど、相当数の人々にとり忘れることのできない店となっているのは確かなようです。では、来週、行ってきます。

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  2. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  3. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  4. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  5. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  6. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  7. タイ保健省疾病予防局は4月18日、今年のデング熱感染者が6565人、死者18人となったことを発表しま…
  8. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
  9. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  10. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
ページ上部へ戻る