閉じる
  1. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  2. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  3. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  4. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  5. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  6. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  7. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  8. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極力蚊に…
  9. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  10. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
閉じる
閉じる

タイの話題

電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意ください。


タイの規則では電子たばこの輸入・販売を禁止していますが、所持を禁止する規定はありません。ただ、「持ち込み禁止、販売禁止なのになぜあなたは持ってるの?」ということで、所持も摘発対象になるようです。

タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコス)持ち込みについて」以下のような注意を掲載しました。

「日本ではあまり知られていませんが、タイでは電子たばこ禁止条例がタイ商業省から2014年12月27日より発令されています。アイコスをはじめ、加熱式のたばこも含まれます。違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツ(1バーツは3・4円)の罰金のいずれかが科せられます。商売目的でなく、個人的に所持・利用していた場合でも罰せられますのでタイへ渡航される場合は十分にご注意ください」

ここで電子たばこを規制するタイの法令ですが、まずひとつが、14年12月27日発布の商業省令で電子たばこおよび関連商品の輸入を禁止しました。違反者には10年以下の禁固、または密輸した製品価格の5倍の罰金、もしくはその両方が科されることになります。

さらに、消費者保護委員会が15年2月18日に出した告知で電子たばこおよび関連商品の販売、およびレンタルなどのサービス提供も禁止されました。違反者には5年以下の禁固、および50万バーツ以下の罰金、もしくはその両方が科されます。

このため現在、タイ国内でお目にかかる電子たばこおよびリキッドなどはすべて「密輸品」となります。しかし、その密輸された電子たばこをタイ国内で吸うことも違法行為になるのかというと、現時点ではこれを取り締まるための法律がありません。

ただ、「輸入」「販売」が禁止されていることで、「所持」も取り締まりの対象となっています。TATのホームページに記載されている罰金額と禁固期間は、商業省令および消費者保護委員会告知のそれぞれ重い部分をとっているようです。

実際、タイでは外国人旅行者が電子たばこを所持していたり吸ったりして罰金を科されています。これは別に外国人を狙い撃ちしているわけではなく、タイ人でも車のダッシュボードに電子たばこを入れておいたことで調書を取られ、5000バーツの罰金を徴収されています。摘発したのが悪徳警官の場合、状況はさらに悲惨なことになります。タイで電子たばこを吸う場合は高額な袖の下、もしくは罰金刑と禁固刑を覚悟しておいた方がいいでしょう。

関連記事

  1. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には…

  2. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部…

  3. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて…

  4. タイで一向に減らない交通事故 事故を起こした男性が「赤は進めだろ…

  5. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができる…

  6. 〈転ばぬ先の杖〉①スリやひったくりから自分の持ち物を守りましょう…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  2. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  3. タイ保健省疾病予防局は4月18日、今年のデング熱感染者が6565人、死者18人となったことを発表しま…
  4. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  5. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  6. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  7. グーグル人事部の新入社員選考基準のひとつが、自分より優秀な人材を選ぶことだといいます。ただ、…
  8. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  9. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  10. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
ページ上部へ戻る