閉じる
  1. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  2. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  3. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  4. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  5. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりました。…
  6. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  7. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  8. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  9. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  10. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
閉じる
閉じる

タイの話題

タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です


総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH)がタイ1号店「ドン・ドン・ドンキ」を今年2月22日、オープンしました。ロケーションはバンコク都心のトンロー・エカマイ地区です。

私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際、友人に連れていってもらいました。場所はJR山手線・高田馬場駅前。ただ特に目を引く商品はなく、15分ほどで退店しました。

それでも、タイの店舗は果物および生鮮食品が充実しているとの情報がSNS等で発信されていたほか、「タイでの販売価格は日本と同じか、最大でも1.5倍まで」とのリリースも出されていたため、開店から1カ月ほど経った土曜日の午後、タイ人妻と一緒に昼食を兼ね買い物に行ってきました。

2007年の長崎屋買収から肉や魚の販売にも力を入れてきただけあり、1階の青果・生鮮食品の品揃えはなかなかのものです。2階には日本メーカーの化粧品・健康器具・パーティーグッズ・日用雑貨が並んでおり、日ごろタイのコンビニで買い物をしている身としては見ているだけでも十分楽しめます。

ただ、1カ月を経過してオープン当初のフィーバーは一段落。入場制限もなく、落ち着いて買い物ができるようになったのはありがたいのですが、そのせいなのか、価格のお得感はいくぶん薄らいでいるようです

開店当初はプロモーションの意味合いもあり、日本産イチゴを299バーツで販売。大変な人気で、すぐに完売となっていました。今回、さすがに299バーツは無理として、350バーツ以下を期待していたのですが、表示価格は499バーツ。タイ人妻から「299ならいいけど、499は高すぎ」と言われたため、購入を諦めました。その間、イチゴコーナーに立ち寄ったタイ人買い物客からは「299じゃないんだ。じゃ、いらない」との声が聞かれました。

私ももうひとつのお目当てがぺヤングソース焼きそば。日本のイオン価格が税込み159円(約45バーツ相当)となりますので、70バーツ程度を期待したところ、税込み99バーツ(約347円)。これも購入を控えました。タイでは以前、日本の食品は日本価格の2~3倍で販売されるのが普通でした。しかし近年、日本への旅行者が増えて日本での販売価格を知るタイ人が増えるにつれ、日本商品の稀少価値がなくなり、強気の商売ができなくなっています。そのため、中間手数料を極力省く努力をすることで2倍を切り、1.5倍程度で販売する業者も出てきました。ドンキはこれをさらに進め、日本と同じ価格か、最大でも1.5倍までと公言していましたが、プロモーション商品以外はなかなか難しいようです。

ドン・キホーテは店舗ごとに販売戦略を変え、売り場担当者の権限を高める方式で成功してきました。これまで米国、シンガポールに海外展開していますが、日本を含めこの3国のノウハウを経済レベルの異なるタイで生かすのはなかなか難しいのかもしれません。

タイの経済指標はそれほど悪化していませんが、それは一部の企業が業績を上げているからで、一般庶民は「タイは景気が悪い」と感じています。タイ政府および日本の一部マスコミは、タイは中間所得層が拡大しており購買力も伸びているともてはやしますが、その中間所得層の生活は決して楽ではありません。家と車のローン、子どもの教育費、将来の不安感からくる保険費の拡大。食費にしても健康志向の高まりからオーガニックなどは伸びていますが、総じて節約傾向にあります。

開店直後のフィーバーが終了した今、ドン・ドン・ドンキがどのような戦略を打ち出すのかが楽しみです

関連記事

  1. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当…

  2. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思える…

  3. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高…

  4. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航して…

  5. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差…

  6. タイ人の本音② ~ 日本人・日本企業はこう思われています

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  2. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  3. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  4. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  5. タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです…
  6. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  7. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  8. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  9. タイ東北部ノンカイ県在住の少女(15歳)が狂犬病に感染して死亡しました。これで今年に入り8人が狂犬病…
  10. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
ページ上部へ戻る