閉じる
  1. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  2. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  3. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  4. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりました。…
  5. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  6. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  7. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  8. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  9. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極力蚊に…
  10. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
閉じる
閉じる

タイの話題

日本もタイも急速に高齢化が進んでいます。健康寿命を延ばすためには高血圧対策が必要不可欠です。

日本では2人に1人が100歳まで生きる時代が近づいています。そのため、健康な状態で日常生活を送ることのできる健康寿命を延ばすことへの関心がこれまで以上に高まっています。一般に平均寿命と健康寿命の間には、男性が約9年、女性が約13年の差があるとされています。

健康寿命を縮める諸悪の根源のひとつが動脈硬化です。そして動脈硬化を予防するには、常に血圧の数値に注意を払う必要があります。高血圧とされるのは病院で図った数値が、上が140以上、下が90以上(単位:mmHg)の場合です。

ちなみに、自身が高血圧であることを知っている人は高血圧者の半分。治療を受けている人のはそのうちの半分。さらに、投薬治療のほか日常生活において食事療法などを実践をしている人はそのうちの半分といいます。

高血圧の原因は、塩分の過剰摂取、喫煙・飲酒、ストレス、遺伝などがあるとされています。高血圧=塩の摂り過ぎ、と考える方も多いですが、実際には塩分の過剰摂取をしていなくても、高血圧になる方はいます。

ただ、それでも塩分の多い食べ物、糖分の多い食べ物、脂肪分が多い物は極力避けた方がよさそうです。塩の代わりにコショウを使うなどの工夫も必要とされていますが、ただ、タイの食生活ではなかなか難しいというのも事実です。そこで少しでも血圧を下げるとされている飲食物を積極的に、そしてバランスよく摂るようにしています。

特に野菜・果物では、ビタミンC・E、カリウム、リコピンなどを豊富に含むブロッコリー、トマト、バナナ、パセリ、ピーマン、キャベツ、玉ねぎなどが効果があるとされています。このうち、トマトやバナナは余分な塩分を排出するカリウムが豊富なため、血圧低下効果が期待できます。また、トマトにはリコピンという高い抗酸化力を持つ成分が含まれるため、血管の老化を防ぐことによる血圧低下も期待できます。

ただ、もっとも手軽なのは飲料でしょう。

緑茶、烏龍茶、紅茶、青汁、コーヒー、牛乳、酢酸飲料、トマトジュースなどが効果があるとされています。お茶は血圧を下げる効果があるといわれていますが、なかでも緑茶に多く含まれるカテキンには、血圧を下げる効果があるとされています。カテキンは、リコピン同様、抗酸化力があるため、血管の老化を防ぐことによる血圧低下も期待できます。なお、烏龍茶や紅茶にはあまりカテキンが含まれていません。

一昔前は、コーヒーに含まれるカフェインが血圧を上昇させると考えられていましたが、今では、1日4杯以上のコーヒーが高血圧のリスクを減らすとの研究発表も出ています。

そして、血圧を低下させる効果が高いとされているのがです。酢酸に含まれるアミノ酸には血管拡張作用があり、その結果として血圧を下げる効果があるとされています。タイでは一般のスーパーでりんご酢を安く買うことができます。

関連記事

  1. タイでは近年、バナナが健康食として大人気。コンビニではしばしば売…

  2. バンコクでは1日6人がHIVに感染しているそうです。匿名で血液検…

  3. 高血圧の原因は遺伝、ストレスなどいろいろですが、アジア系人種には…

  4. マラリア感染の大半はアフリカでタイは感染例が少ないですが、国境で…

  5. タイで毎年経験する食中毒。こればかりは完全予防は無理なようです。…

  6. 「酒は百薬の長」であり、適度な飲酒は健康にいい、と以前は信じられ…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  2. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  3. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  4. タイ東北部ノンカイ県在住の少女(15歳)が狂犬病に感染して死亡しました。これで今年に入り8人が狂犬病…
  5. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  6. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  7. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  8. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  9. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  10. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
ページ上部へ戻る