閉じる
  1. タイ人の本音② ~ 日本人・日本企業はこう思われています
  2. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見ていま…
  3. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」
  4. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  5. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  6. タイで一向に減らない交通事故 事故を起こした男性が「赤は進めだろ」
  7. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  8. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
閉じる
閉じる

三面記事で知るタイ

日本もタイも急速に高齢化が進んでいます。健康寿命を延ばすためには高血圧対策が必要不可欠です。

日本では2人に1人が100歳まで生きる時代が近づいています。そのため、健康な状態で日常生活を送ることのできる健康寿命を延ばすことへの関心がこれまで以上に高まっています。一般に平均寿命と健康寿命の間には、男性が約9年、女性が約13年の差があるとされています。

健康寿命を縮める諸悪の根源のひとつが動脈硬化です。そして動脈硬化を予防するには、常に血圧の数値に注意を払う必要があります。高血圧とされるのは病院で図った数値が、上が140以上、下が90以上(単位:mmHg)の場合です。

ちなみに、自身が高血圧であることを知っている人は高血圧者の半分。治療を受けている人のはそのうちの半分。さらに、投薬治療のほか日常生活において食事療法などを実践をしている人はそのうちの半分といいます。

高血圧の原因は、塩分の過剰摂取、喫煙・飲酒、ストレス、遺伝などがあるとされています。高血圧=塩の摂り過ぎ、と考える方も多いですが、実際には塩分の過剰摂取をしていなくても、高血圧になる方はいます。

ただ、それでも塩分の多い食べ物、糖分の多い食べ物、脂肪分が多い物は極力避けた方がよさそうです。塩の代わりにコショウを使うなどの工夫も必要とされていますが、ただ、タイの食生活ではなかなか難しいというのも事実です。そこで少しでも血圧を下げるとされている飲食物を積極的に、そしてバランスよく摂るようにしています。

特に野菜・果物では、ビタミンC・E、カリウム、リコピンなどを豊富に含むブロッコリー、トマト、バナナ、パセリ、ピーマン、キャベツ、玉ねぎなどが効果があるとされています。このうち、トマトやバナナは余分な塩分を排出するカリウムが豊富なため、血圧低下効果が期待できます。また、トマトにはリコピンという高い抗酸化力を持つ成分が含まれるため、血管の老化を防ぐことによる血圧低下も期待できます。

ただ、もっとも手軽なのは飲料でしょう。

緑茶、烏龍茶、紅茶、青汁、コーヒー、牛乳、酢酸飲料、トマトジュースなどが効果があるとされています。お茶は血圧を下げる効果があるといわれていますが、なかでも緑茶に多く含まれるカテキンには、血圧を下げる効果があるとされています。カテキンは、リコピン同様、抗酸化力があるため、血管の老化を防ぐことによる血圧低下も期待できます。なお、烏龍茶や紅茶にはあまりカテキンが含まれていません。

一昔前は、コーヒーに含まれるカフェインが血圧を上昇させると考えられていましたが、今では、1日4杯以上のコーヒーが高血圧のリスクを減らすとの研究発表も出ています。

そして、血圧を低下させる効果が高いとされているのがです。酢酸に含まれるアミノ酸には血管拡張作用があり、その結果として血圧を下げる効果があるとされています。タイでは一般のスーパーでりんご酢を安く買うことができます。

関連記事

  1. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」

  2. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

  3. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」

  4. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・…

  5. タイでの労使関係を面倒なものにしている原因はタイ人幹部(?) 労…

  6. マラリア感染の大半はアフリカでタイは感染例が少ないですが、国境で…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本語が堪能なあるタイ人経営コンサルタントによると、タイ人は日本人の上司が自分に対して何をしてくれた…
  2. タイでは大学の成績上位者の間で日本企業の人気が低いといいます。上昇志向が強ければ強いほど、日本企業へ…
  3. バンコク日本人商工会議所の会員企業が1700社を超えるなど、タイには自動車業界を筆頭に日本企業が集積…
  4. タイの地方では以前、「免許証は買うモノ」とされていました。まず、オートバイを買う。そして、そのオート…
  5. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
ページ上部へ戻る