閉じる
  1. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待…
  2. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  3. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  4. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  6. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  7. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  8. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  9. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  10. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
閉じる
閉じる

タイの話題

浮気症といわれるタイ人男性ですが、ある夜、なかなか感動的なシーンに出くわしました。

平日の夜10時ごろ、バンコク都心の歩道を歩いていると、ボロボロの服を着た痩せた中年男性が黒縁の額に入ったふくよかな女性の遺影を抱きかかえ道端で眠っているのが目に入りました。ちょっと見、酔いつぶれているようでした。思わず立ち止まりその様子を見ていると、この男性のストーリーが勝手に頭に浮かんできました。

タイの農村からバンコクに出てきた夫婦。共に人生を戦ってきたが妻が先にその舞台を降りてしまった。決して楽ではない日々の生活。それでも男性は深く妻を愛していたのだろう。酔って意識をなくしながらも遺影を宝物のようにしっかりと抱きしめている姿からそう思わずにはいられませんでした。

タイで生活していると、日本人男性(少数ながら女性も)、タイ人男女ともに浮気話のオンパレード。それだけに余計感銘を受けたのかもしれません。

ところで、タイの離婚率ですが、タイ内務省のデータによりますと、2014年から2017年までの3年間の平均値が8.77%。14年と17年を比較すると約10%増加しています。これに対して、日本はというと、2017年が0.17%、戦後の最高値でも2.33%という数字です。タイの離婚率はなかなかのものです。

タイでは入籍しないまま、子どもを産み、同居している男女も少なくないため、こちらの離別を「離婚」としてカウントすると、離婚率は実質10%を軽く超えそうです。

タイの離婚原因でよく聞くのは男性側の浮気。それも妊娠中に浮気をし出産後に離婚という無責任に極みのケースもよく耳にします。タイに住み始めた当初、タイ人女性は浮気をした夫の局部を切り落としアヒルの餌としするとの話を聞き、「まさか」と思っていましたが、これは事実のようで、実際、切断された男性性器の再生手術のレベルでタイは世界でもトップレベルということです。テレビでも男性器を切断された場合の対処法を放映するなど、日本ではありえない番組も存在します。

ちなみに、冒頭で紹介した男性と出会う前、ちょっと夜遊びをする気でいたのですが、すっかりその気が失せ、その交遊費は奥さんの洋服代に化けました。

関連記事

  1. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

  2. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので…

  3. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来…

  4. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影…

  5. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」

  6. 「マイペンライ」「インシャラー」「ノープロブレム」 ー 旅行者を…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  2. グーグル人事部の新入社員選考基準のひとつが、自分より優秀な人材を選ぶことだといいます。ただ、…
  3. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  4. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  5. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  6. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  7. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  8. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  9. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  10. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
ページ上部へ戻る