閉じる
  1. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  2. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  3. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  4. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  5. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  6. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  7. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  8. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待…
  9. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  10. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
閉じる
閉じる

タイの話題

タイで一向に減らない交通事故 事故を起こした男性が「赤は進めだろ」

タイで最も交通事故が起きるのはタイ正月(4月13日)前後の長期休暇です。例えば今年ですが、運輸省国道局は4月に国道で起きた交通事故が昨年より14%増えたと発表しています。ちなみに死者数は22%増加しています。具体的には、2269件の交通事故が起き、377人が死亡しました。かなりの数です。

タイの地方では以前、「免許証は買うモノ」とされていました。まず、オートバイを買う。そして、そのオートバイに乗って免許を買いに行くわけです。そのうち車も運転することになります。この時も、免許証は買っていたようです、田舎では。

そのため、東北部で事故を起こし警察署に連れていかれた男性に警官が「なんで信号が赤なのに止まらなかった」と問いただしたところ、「えっ、赤は進めじゃないの」と驚いたことがテレビ番組で報道されていました。これでは事故が多いのもうなづけます。

そこで、タイ警察は点数制度の導入してドライバーの運転マナーを改善しようとしていますが、それより先に改善すべきは警官の「袖の下」でしょう。500バーツ(約1500円)程度をその場で支払えばそれなりの確率で交通違反を見逃してくれるタイでは、点数制度を採用したところであまり意味はないでしょう。タイではかなりユニークな運転をされる方もいるため、外出時は気を抜かないようにしてください。特に、オートバイの逆走は要注意です。

話は変わりますが、タイで運転する際に必要不可欠といえるのがドライブレコーダーです。事故を起こした時、タイ人は例え自身に非があったとしても多くの場合、それを認めません。特にオートバイが相手のケースでは顕著です。

こんなトラブルもありました。タイで働く日本人男性。運転中に前方のオートバイが当て逃げされたのを目撃したため、同情心からそのオートバイの運転者を病院へと搬送してあげました。ところがコヤツ、警官の取り調べで「日本人がぶつけた」と証言。恩を仇で返す、というセリフがこれほど似合あうケースも稀ですが、治療費をせしめようと考えたようです。

このケースではこの男性のタイ人奥さんも同乗しており、この奥さんがそこそこに人脈のある方だったことから事なきを得ましたが、犯人にされかねないところでした。

ここまでひどいケースは稀ですが、ドライブレコーダーさえ付いていれば、少なくとも事故の非がどちらにあるかを証明することはできます。ただ、明らかに相手に非があっても、保険なし、金なし、で結局すべて自腹になることが多いのも事実。タイで運転される際はそれなりの覚悟をもってください

関連記事

  1. 〈転ばぬ先の杖〉②「日本円見せて詐欺」ー私は絶対に騙されない、と…

  2. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部…

  3. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができる…

  4. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご…

  5. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には…

  6. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  2. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
  3. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  4. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  5. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  6. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  7. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  8. タイ東北部ノンカイ県在住の少女(15歳)が狂犬病に感染して死亡しました。これで今年に入り8人が狂犬病…
  9. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  10. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
ページ上部へ戻る