閉じる
  1. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  2. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  3. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  4. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  5. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  6. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  7. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  8. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
  9. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待…
  10. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
閉じる
閉じる

タイの話題

タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育ではなく基礎教育の充実だそうな…


これだけでタイの基礎教育を評価してはいけないことは重々承知しているけど、それにしても正解者ゼロは意外だった。

昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は?」。中学時代に四則演算の授業で、計算は左から行うが掛け算と割り算があった場合はこれを優先して行う、と習いましたので、7+1+49-7となり、回答は50。

「つまらない問題だな」と思いながら、ためしにオフィスにいたタイ人約20人に出題したところ、これが正解者なし。このなかには、研修中の国立大学生4人のほか、会計部スタッフが6人も含まれています。タイ人社員の大半は大卒です。ちなみに、その場に居合わせた日本人2人は正解でした。

タイランド4・0はコンセプトは高付加価値化とイノベーションです。本来なら理数系の基礎教育充実はタイランド3・0の段階で行ってしかるべきと思うのですが、タイ政府はこれまでその時々の旬となる産業を安い労働力と投資恩典をエサにして呼び込み、タイ国内で場所貸しを行うことで利益を得ていました。技術移転を真剣に考えた基礎教育のレベルアップには不熱心でした。そのため、タイは文系学部卒業生が多すぎ、理系学部卒業生が少なすぎというアンバランスな構成となっています。

タイランド4・0を進めるにあたり、本来なら高等教育の充実と言いたいのでしょうが、まずは基礎教育の充実からということになったようです。

ちなみに、冒頭の計算が終わってから、ふと思いつき円周率πをみせて、「さあ、どこまでいえるか」と聞いたところ、3・14どころか、一番多かったのは「それナニ?」

関連記事

  1. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航して…

  2. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当…

  3. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……

  4. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見…

  5. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」

  6. タイ人の本音② ~ 日本人・日本企業はこう思われています

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  2. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  3. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  4. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  5. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  6. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  7. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  8. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  9. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  10. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
ページ上部へ戻る