閉じる
  1. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
  2. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  3. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  4. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  5. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  6. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  7. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  8. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  9. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  10. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
閉じる
閉じる

タイの話題

タイ下院総選挙でいきなりのアメージング。これだからタイは何年いても飽きがきません。

8年ぶりの下院総選挙が3月24日に行われるタイですが、2月4日から8日にかけて行われた立候補届出受付の最終日、会場にどよめきが起きました。タイ国家維持党が現タイ国王の実姉であるウボンラット王女を首相候補として擁立することを発表したためです。

タイの選挙制度は小選挙区比例代表併用制を採用していますが、首班指名選挙で首相候補を擁立したい政党は3人を上限とする首相候補名簿を2月4日から8日までに選挙管理委員会に提出しなければなりません。この3人は選挙に立候補しても、しなくても構いません。そして今回、前出のタイ国家維持党はこの首相候補として、ウボンラット王女を名簿に加えたのです。

実はこの噂は数日前からタイのマスコミの間では流れていましたが、いずれのメディアも、こと王室に関係することだけに記事にはできませんでした。それに、「そんなこと実際にできるはずがない」と皆考えていたようです。

ところが、立候補受付最終日、その噂が現実のものとなってしまいました。ウボンラット王女は米国留学時代に知り合った米国人と結婚されるため王室を抜けたのですが、その後、離婚したことから、タイに戻り、故プミポン国王のご配慮により王室メンバーとして活動されることになりました。一般人ながら王室メンバーという微妙な立場に目をつけた政党が王女を担ぎ出したのですが、これに対し、現国王は「王女を王室メンバーである」と明言するとともに、政治にかかわることを強く批判されました。国王のご意向に逆らうという選択肢は今のタイにはありません。政党が擁立断念を決定したのは当然の流れでした。

これでアメージングな騒動は今後擁立した政党の責任問題へと移るわけですが、仮に王女を擁立できた場合は、今回の総選挙に与える影響は少なくなかったでしょう。

「タイ国民が政権に期待する政策は何か」ーー世論調査の好む話題ですが、回答者はえてして都市部に住む人が多いためか、景気対策、汚職対策などが上位に入ります。ただ、これを意識して農村部まで調査範囲を広げるとどうなるのか。タクシン元首相の妹であるインラックさんが首相に就任した時、農村部を積極的に含めた世論調査が行われたのですが、この時、最も多かったのが「覚せい剤対策」でした。

タイの農村部に住む人々が、どれほど覚せい剤中毒者、覚せい剤組織におびえて暮らしているかは、都会に住む外国人にはわかりにくい部分ではあります。殺人、恐喝、暴行、レイプ、強盗、窃盗などあらゆる犯罪の背景に覚せい剤があるといっても過言ではありません。

そして、タクシン政権後のいずれの政権も覚せい剤対策では国民から評価を受けることができませんでした。今の軍政も最初は軍と警察が協力して覚せい剤取り締まりを熱心に進めていましたが、徐々に減速。地方の住民からは最初の期待値が大きかっただけに、失望する声も聞かれます。

ウボンラット王女は青少年問題に熱心に取り組まれていることもあり、覚せい剤取り締まりで、王室の権威を背景として断固たる対応をされるのではないか。わずか1日で擁立が撤回されたのですが、そう期待する声が地方では聞かれました。

政治に「もし」は無意味ですが、仮に首相候補として認められたとしたら、最大票田の農村部を中心にかなりの票を獲得していたかもしれません。農民にとり経済政策をいくら熱弁されたところで「何の話?」というところでしょう。

ウボンラット首相ーー見てみたかった気もします。

関連記事

  1. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放して…

  2. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりま…

  3. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極…

  4. これからの雨季、タイでは垂れ下がった電線ケーブルに十分注意してく…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  2. タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです…
  3. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  4. タイ保健省疾病予防局は4月18日、今年のデング熱感染者が6565人、死者18人となったことを発表しま…
  5. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  6. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  7. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  8. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  9. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  10. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
ページ上部へ戻る