閉じる
  1. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  2. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  3. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  4. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  5. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  6. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  7. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  8. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  9. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  10. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
閉じる
閉じる

タイの話題

「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」


政治の世界で「もし」が意味のないことは分るけど、あの時、「もっと危機意識を持っていれば」「決断が早ければ」…と思うことがタイの政治には少なくない。

「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物語の時代から言われていることですが、この盛者必衰は後世の批評家が評するもので、渦中の権力者はなかなかそれに気がつないようです。

タイのスワンナプーム国際空港およびドンムアン空港が2008年11月25日から12月4日まで、首相退陣を求める黄色いシャツを着た反政府グループのデモ隊に占拠され閉鎖された事件はタイばかりでなく、日本でも大きく報道されました。

乱暴にいえば、タクシン元首相を支持する政党にどうしても選挙で勝てないグループが、選挙以外の方法で政権を奪おうとしたわけですが、その年の12月2日、裁判所が政権党をはじめとする与党3党を解党とする判決を言い渡したことで、首相失職、政権崩壊となり、これに満足したデモ隊はその2日後、解散を決めました。

ただ、政権は崩壊したものの、議会が解散されたわけではないので、すぐに新たな首相選びが始まります。ここで、タクシン元首相を支持するブループは高齢の首相経験者を担ぎ出し、一方、対立するブループは野党指導者を首相候補として擁立しました。あとは解党を逃れた政党を味方につけるだけです。

野党側はなりふりかまわず閣僚ポストを約束して自分の陣営に取り込もうとしました。ところが、「拙速」とも揶揄されていたタクシン元首相からの指示がこの時なぜか遅れてしまいます。というのも解党処分が出るとは思わなかった節があります。裁判所が解党を命じる判決を下した時、タクシン派の重鎮中の重鎮は驚き、「政党は簡単に解党したらダメだ」と静かにづぶやいていました。そのため、タクシン元首相は閣僚の割り振り、重要ポストの割り振りを即断できなかったのでしょう。その間に自身の部下が敵方に寝返り、結局、政権を明け渡すことになってしまいました。

あの時、最悪の結果を予測して、事前に指令を下していたら、タイの政局はまったく違う展開になっていたかもしれません。当時の野党に政権を渡すことはなかったかもしれません。あらゆる可能性を考え、最悪の事態を想定して、対策を決めておく。ビジネス界で大成したタクシン元首相にとり当たり前だったことが、この時はできませんでした。その後、深い後悔があったことは想像に難くありません。

「最悪の事態を予想して、あらかじめ対応策を練っておく」。この教訓は今も自身の仕事に活かされています。

関連記事

  1. 「マイペンライ」「インシャラー」「ノープロブレム」 ー 旅行者を…

  2. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

  3. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので…

  4. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影…

  5. 浮気症といわれるタイ人男性ですが、ある夜、なかなか感動的なシーン…

  6. 「建前と本音」はタイ人による日本人評でよく出てくるセリフですが、…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  2. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  3. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  4. タイ東北部ノンカイ県在住の少女(15歳)が狂犬病に感染して死亡しました。これで今年に入り8人が狂犬病…
  5. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  6. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  7. グーグル人事部の新入社員選考基準のひとつが、自分より優秀な人材を選ぶことだといいます。ただ、…
  8. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  9. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  10. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
ページ上部へ戻る