閉じる
  1. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  2. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  3. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  4. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  5. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  6. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  7. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  8. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  9. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  10. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりました。…
閉じる
閉じる

タイの話題

「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」


政治の世界で「もし」が意味のないことは分るけど、あの時、「もっと危機意識を持っていれば」「決断が早ければ」…と思うことがタイの政治には少なくない。

「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物語の時代から言われていることですが、この盛者必衰は後世の批評家が評するもので、渦中の権力者はなかなかそれに気がつないようです。

タイのスワンナプーム国際空港およびドンムアン空港が2008年11月25日から12月4日まで、首相退陣を求める黄色いシャツを着た反政府グループのデモ隊に占拠され閉鎖された事件はタイばかりでなく、日本でも大きく報道されました。

乱暴にいえば、タクシン元首相を支持する政党にどうしても選挙で勝てないグループが、選挙以外の方法で政権を奪おうとしたわけですが、その年の12月2日、裁判所が政権党をはじめとする与党3党を解党とする判決を言い渡したことで、首相失職、政権崩壊となり、これに満足したデモ隊はその2日後、解散を決めました。

ただ、政権は崩壊したものの、議会が解散されたわけではないので、すぐに新たな首相選びが始まります。ここで、タクシン元首相を支持するブループは高齢の首相経験者を担ぎ出し、一方、対立するブループは野党指導者を首相候補として擁立しました。あとは解党を逃れた政党を味方につけるだけです。

野党側はなりふりかまわず閣僚ポストを約束して自分の陣営に取り込もうとしました。ところが、「拙速」とも揶揄されていたタクシン元首相からの指示がこの時なぜか遅れてしまいます。というのも解党処分が出るとは思わなかった節があります。裁判所が解党を命じる判決を下した時、タクシン派の重鎮中の重鎮は驚き、「政党は簡単に解党したらダメだ」と静かにづぶやいていました。そのため、タクシン元首相は閣僚の割り振り、重要ポストの割り振りを即断できなかったのでしょう。その間に自身の部下が敵方に寝返り、結局、政権を明け渡すことになってしまいました。

あの時、最悪の結果を予測して、事前に指令を下していたら、タイの政局はまったく違う展開になっていたかもしれません。当時の野党に政権を渡すことはなかったかもしれません。あらゆる可能性を考え、最悪の事態を想定して、対策を決めておく。ビジネス界で大成したタクシン元首相にとり当たり前だったことが、この時はできませんでした。その後、深い後悔があったことは想像に難くありません。

「最悪の事態を予想して、あらかじめ対応策を練っておく」。この教訓は今も自身の仕事に活かされています。

関連記事

  1. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので…

  2. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションに…

  3. 「建前と本音」はタイ人による日本人評でよく出てくるセリフですが、…

  4. 「マイペンライ」「インシャラー」「ノープロブレム」 ー 旅行者を…

  5. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

  6. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  2. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  3. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  4. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  5. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  6. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
  7. グーグル人事部の新入社員選考基準のひとつが、自分より優秀な人材を選ぶことだといいます。ただ、…
  8. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
  9. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  10. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
ページ上部へ戻る