閉じる
  1. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  2. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  3. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  4. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  5. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
  6. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  7. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  8. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  9. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  10. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
閉じる
閉じる

タイの話題

タグ:犯罪

私の旧友が15年ぶりにご主人とタイにやってきました。バンコク・スクムビット22のホテルにチェックイン後、夜食を買うため近くのコンビニに入ったところ、肌の白いアラブ系の男が「私は日本が大好きだ。ワサビ味の日本のお菓子が欲しいので、一緒…

タイではひと昔前は、睡眠薬強盗、トランプ詐欺、美人局などの犯罪が頻繁に起きていましたが、今はガイドブックなどで紹介されているためか、これらは古典的犯罪となり、被害件数は減っています。その一方で、スリ、ひったくりは相も変わらず…

ピックアップ記事

  1. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  2. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
  3. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  4. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  5. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  6. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  7. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  8. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  9. タイ保健省疾病予防局は4月18日、今年のデング熱感染者が6565人、死者18人となったことを発表しま…
  10. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
ページ上部へ戻る