閉じる
  1. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極力蚊に…
  2. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりました。…
  3. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  4. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  5. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  6. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  7. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  8. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  9. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  10. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
閉じる
閉じる

タイの話題

タグ:犯罪

私の旧友が15年ぶりにご主人とタイにやってきました。バンコク・スクムビット22のホテルにチェックイン後、夜食を買うため近くのコンビニに入ったところ、肌の白いアラブ系の男が「私は日本が大好きだ。ワサビ味の日本のお菓子が欲しいので、一緒…

タイではひと昔前は、睡眠薬強盗、トランプ詐欺、美人局などの犯罪が頻繁に起きていましたが、今はガイドブックなどで紹介されているためか、これらは古典的犯罪となり、被害件数は減っています。その一方で、スリ、ひったくりは相も変わらず…

ピックアップ記事

  1. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  2. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
  3. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  4. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  5. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  6. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  7. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  8. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
  9. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
  10. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
ページ上部へ戻る