閉じる
  1. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  2. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  3. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待…
  4. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  5. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  6. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  7. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  8. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  9. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  10. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
閉じる
閉じる

タイの話題

タグ:労働

特に日頃から労使の対話があまりなく、相互の信頼形成が不十分な企業の場合、日々の不満がボーナス交渉で爆発するケースが少なくないようです。タイ労働組合組織の幹部は「日頃の話し合いがなければ、すべてボーナス交渉に持っていけと考えてしまう」…

ピックアップ記事

  1. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
  2. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  3. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  4. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  5. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  6. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  7. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  8. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  9. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  10. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
ページ上部へ戻る