閉じる
  1. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  2. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  3. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  4. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  5. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  6. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  7. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  8. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  9. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  10. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
閉じる
閉じる

タイの話題

タグ:労働

特に日頃から労使の対話があまりなく、相互の信頼形成が不十分な企業の場合、日々の不満がボーナス交渉で爆発するケースが少なくないようです。タイ労働組合組織の幹部は「日頃の話し合いがなければ、すべてボーナス交渉に持っていけと考えてしまう」…

ピックアップ記事

  1. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  2. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  3. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  4. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  5. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  6. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  7. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  8. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  9. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  10. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
ページ上部へ戻る