閉じる
  1. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  2. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  3. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  4. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  5. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  6. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
  7. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  8. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  9. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  10. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
閉じる
閉じる

タイの話題

タグ:労働

特に日頃から労使の対話があまりなく、相互の信頼形成が不十分な企業の場合、日々の不満がボーナス交渉で爆発するケースが少なくないようです。タイ労働組合組織の幹部は「日頃の話し合いがなければ、すべてボーナス交渉に持っていけと考えてしまう」…

ピックアップ記事

  1. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  2. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
  3. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
  4. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  5. 喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半…
  6. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  7. タイに移住する前、仕事で高島屋とかかわりがあったためか、この百貨店には特別な思いがありま…
  8. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
  9. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  10. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
ページ上部へ戻る