閉じる
  1. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  2. タイ人の本音② ~ 日本人・日本企業はこう思われています
  3. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見ていま…
  4. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  5. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  6. タイで一向に減らない交通事故 事故を起こした男性が「赤は進めだろ」
  7. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  8. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」
閉じる
閉じる

三面記事で知るタイ

「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格です。バレればですが…


最近はあまり捕まったという話は聞かないけど、それでも空港到着直後に罰金をとられタイの印象が最悪になる旅行者はまだいるみたい

空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙巻たばこは200本(1カートン)までとなっています。これ以上の免税たばこはたとえ空港税関で税金を支払ってもタイに持ち込むことができません。

規定量を超える免税たばこを持ち込んだ場合、すべて没収されるだけでなく、1カートン当たり約4785バーツ(約1万5000円)の罰金が科されます。

これはタイ物品税局の規則ですので、日本大使館に相談してもムダ。とりかく言われた罰金を支払うしかありません。罰金の支払いを拒否した場合や罰金を支払えない場合には裁判となり、その場合、1カ月間以上出国できず、勤め人の場合は最悪解雇となります。

ここで特に注意したいのは、持ち込めてしまった場合です。タイの規則では、その「持ち込んだ」たばこを「所持している」ことも違法となり、持ち込みと同額の罰金を科せられます。仲間3人でタイを訪れた青木さん。1カートンしか持ち込めないことは知っていましたが、連れがトイレに行くというのでその入り口で全員のたばこを一時的に預かっていました。この時に空港職員の検査を受け、多額の罰金を支払うことになりました。

もちろん青木さんは猛抗議。「自分が買ったのは1カートンだけ。あとは友人のものだ」と。しかし、このケースでは、それぞれの名前が明記された領収書がないかぎり、アウト。すべて没収の上、罰金となります。以前はトイレの前で免税店の袋を手に立っている観光客を狙っているのでは、とかんぐりたくなるケースもよく起きていました。

これも実際にあった話ですが、日本の免税店で免税たばこ5カートンを購入した神崎さんは、これを半透明の袋に入れたままタイに入国しようとしました。すると、その免税たばこを目にした税関職員から、「それを隠せ。捕まるぞ」とアドバイスを受けます。タイの規則を知らない神崎さんは事情が呑み込めないまま、それを旅行カバンにしまいました。

ところが、空港ロビーに出たところで別の空港職員に呼び止められ、旅行カバンを検査され、免税たばこの違法所持を指摘されます。その後、空港から離れたところにある政府機関で罰金を支払うことになりました。 罰金額は3万3500バーツ(約11万5000円)。神崎さんは「もうタイが大嫌いになった」と憤慨していたそうです。

免税たばこの違法所持での摘発例が目立つようになったのは2005年10月からです。当時、在タイ日本大使館の邦人保護課には規則の問い合わせや値引き交渉の依頼などが多くの旅行者から寄せられたようです。

ただ、スワンナプーム新国際空港が正式開港して以来、免税たばこの違法所持での摘発例は減っているようですが、それでも「罰金」を支払っている旅行者は出ています。注意してください。

関連記事

  1. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放して…

  2. 「建前と本音」はタイ人による日本人評でよく出てくるセリフですが、…

  3. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手…

  4. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高…

  5. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・…

  6. 浮気症といわれるタイ人男性ですが、ある夜、なかなか感動的なシーン…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本語が堪能なあるタイ人経営コンサルタントによると、タイ人は日本人の上司が自分に対して何をしてくれた…
  2. タイでは大学の成績上位者の間で日本企業の人気が低いといいます。上昇志向が強ければ強いほど、日本企業へ…
  3. バンコク日本人商工会議所の会員企業が1700社を超えるなど、タイには自動車業界を筆頭に日本企業が集積…
  4. タイの地方では以前、「免許証は買うモノ」とされていました。まず、オートバイを買う。そして、そのオート…
  5. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
ページ上部へ戻る