閉じる
  1. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  2. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  3. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  4. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
  5. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  6. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりました。…
  7. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  8. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  9. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  10. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
閉じる
閉じる

タイの話題

「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論は極力避けるようにしましょう。

タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの方にネズミが近寄ってきたため、これを追い払おうとしたところ、手にもっていた包丁がすっぽ抜け。たまたま近くを通りかかったオバさんにもう少しで刺さるところでした。

このため、この通行人のオバさんが文句を言ったところ、屋台のオバさんは「うるさいやつだね。当たらなかったなら、別にいいだろう。本当に突き刺さってから、文句を言いにおいで」と逆ギレ。

当然のごとく、オバさん同士の激しい口喧嘩が始まったわけですが、その間、魚屋のオバさんは別の包丁でまな板を強く叩いて相手を威嚇していたといいます。

ところが、急に、魚屋のオバちゃんが悲鳴。あろうことか、興奮しすぎて、自分の手を手首から切断してしまったのです。そのため、すぐに病院に連れて行かれ、警察にも連絡が入ったわけですが、事情を知った警官は、驚くやら、あきれるやら。

タイの市場を訪れる日本人旅行者は多く、また、買い物時の値切りは旅の楽しみのひとうつですが、あまりにしつこい値切りはトラブルの元にもなりますので、ご注意を。

関連記事

  1. 「建前と本音」はタイ人による日本人評でよく出てくるセリフですが、…

  2. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影…

  3. タイでも多くの患者がドナーを待っています。そのためタイ赤十字では…

  4. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」

  5. 「マイペンライ」「インシャラー」「ノープロブレム」 ー 旅行者を…

  6. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです…
  2. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
  3. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  4. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  5. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  6. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  7. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  8. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  9. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  10. バンコク都庁は世界結核デーの3月24日、肺結核対策としてバンコク都民に対して、年に1度、胸部エックス…
ページ上部へ戻る