閉じる
  1. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  2. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  3. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
  4. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を…
  5. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当に必要…
  6. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  7. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  8. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  9. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極力蚊に…
  10. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決して「…
閉じる
閉じる

タイの話題

「マイペンライ」「インシャラー」「ノープロブレム」 ー 旅行者を悩ます三大セリフと言われていましたが…


タイ人の気質を表すとされることの多いタイ語「マイペンライ」。ただ、タイ人の識者に言わせると、その本当の意味を理解している外国人は少ないそうです。

タイをテーマとするコラムや書籍で時々お目にかかるのが「マイペンライ」というタイ語の説明です。英語でノープロブレム(NO PROBLEM)と訳されるためか、日本語でも「気にしない」「問題ない」と訳されることが多いようです。このため、責任の所在をいい加減にしているタイ人の性格を表しているとか、失敗の原因をきちんと分析しようとしないタイ人のいい加減さを表しているなどの解説がつくことが少なくありません。

海外を長期で旅をしたことのある人でしたら、マイペンライに似た言葉で苦しめられた経験があることと思います。まず、アラブ世界の「インシャラー」。すべては神の思し召しのまま、と訳すのでしょうか。約束をした時、お願いごとをした時など、最後につくのがこの言葉。私は数十年前、トルコに滞在中、「本当に約束守ってくれるの?」と終始不安感を抱えていました。

そして、インドの「ノープロブレム」。「インド人がノープロブレムという時に問題のなかったためしがない」というのはインドで長期旅行をした人であれば分っていただけると思います。

ただ、タイのマイペンライをインシャラーやノープロブレムと同じ土俵でとらえるのはどうかと思います。そう気付かせてくれたのが、タイ国内で開催されたビジネスセミナーでした。タイ人講師いわく、「日本人はマイペンライの本当の意味を理解していないようです。マイペンライはマイペンライ・チャイマイ・クラップ(カ)の意味で使われることが多いのです」。チャイマイ・クラップ(カ)というのは「~ではないですか」「~ですよね」という意味ですので、タイ人がマイペンライ(問題ない)という場合は「問題はないですよね」と確認しているというのです。

そしてこの背景には相手の寛容さを試すという意味合いもあるようです。タイでは寛容であることが尊敬されるひとつの要素となっています。他人の過ちを許せること。これが人間としての器の大きさを示すことにもなるようです。そのため、少なくとも、マイペンライというタイ人に対して、「何がマイペンライだ」と怒ることはだけはしない方がよさそうです。

関連記事

  1. 浮気症といわれるタイ人男性ですが、ある夜、なかなか感動的なシーン…

  2. 「建前と本音」はタイ人による日本人評でよく出てくるセリフですが、…

  3. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」

  4. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションに…

  5. タイでも多くの患者がドナーを待っています。そのためタイ赤十字では…

  6. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  2. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  3. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  4. タイ保健省疾病予防局は4月18日、今年のデング熱感染者が6565人、死者18人となったことを発表しま…
  5. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
  6. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
  7. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  8. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  9. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  10. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
ページ上部へ戻る