閉じる
  1. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
  2. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  3. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  4. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  5. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  6. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  7. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  8. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  9. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  10. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
閉じる
閉じる

タイの話題

タイでの労使関係を面倒なものにしている原因はタイ人幹部(?) 労組からは「日本人と話したい」


タイでは10月から12月にかけてが労働組合によるボーナス交渉の行われる時期でもあるため、タイ労働省では毎年、労使間トラブルの起きることを心配しているといいます。

特に日頃から労使の対話があまりなく、相互の信頼形成が不十分な企業の場合、日々の不満がボーナス交渉で爆発するケースが少なくないようです。タイ労働組合組織の幹部は「日頃の話し合いがなければ、すべてボーナス交渉に持っていけと考えてしまう」と話していました。

タイで法人登記をしている企業の労働組合組織率は約2%。日本の約17%と比較した場合、かなり低い数字ですが、在タイの日系企業に限定すると組織率は6割強といわれています。在タイ日系企業にとり労組と良好な関係を築くことは業績を伸ばすうえでも避けることのできないテーマとなっています。

ただ、タイの労働組合組織の幹部によれば、日本人の知らないところで、労使関係が悪化していることも多いそうです。大手日系自動車メーカーの労組幹部によると、「労使関係が悪化する大きな理由のひとつがタイ人人事部長の無能さ」とか。さらに、「人事を担当しているタイ人幹部が労使関係を悪化させている。従業員の要望を日本人幹部に伝えようとしない」「人事が優秀であれば問題は軽減する。経営トップと労働者の間の調整役の機能をはたしておらず、コニュニケーションが不足しているため、会社が儲かっていると思いこんでしまう」と不満は尽きないようでう。このコニュニケーション不足がボーナス交渉をより難しいものにしているといいます。

話は多少逸れますが、日本人の知らないところでのタイ人上司と部下とのトラブルが起きていることも少なくないようです。バンコク都内スクムビット通りの路上バーで働いていた若い女性従業員。水商売に入る前はアユタヤ県の日系自動車部品メーカーで仕事をしていました。工場勤務には似つかわしくないカワイイ感じです。「日本人はいい人だった」といいますが、問題はレズビアンの人事部長。気に入った女性には優しく接しますが、それ以外には人当たりが強く、そのため離職率は高止まり。しかし、そのことを日本人に伝える人は誰もいません。この子は口説かれたのを拒否したため、いじめにあったそうです。「日本人はいい人だった。もっと働きたかった」といいます。実にもったいない話です。

「労使交渉の場に弁護士を入れないでくれ」

それでは、労使間トラブルが日本人の知るところとなった場合ですが、労組側が口を揃えるのが「労使交渉の場で法律を盾にするばかりでは、最終的にはどちらも満足できない結果となってしまう」ということ。労働組合組織幹部は、「97年以降、弁護士を使って問題を解決しようとする企業が増えた」と話します。そして、その弁護士がウザい従業員の解雇を勧めるケースも少なくないとか。その結果、訴訟になれば、さらに仕事が増えて万々歳ということのようです。

日系自動車メーカーの労組幹部は、「要求のきついとすぐに交渉を止める。パートナーシップを感じない。対話をしたい。組合は変わろうとしている。法律優先で問題を解決しないでほしい」と訴えます。

ただ、成熟していない労組が、深い考えなく無理難題を押し付けることが少なくないことも事実です。それでも、労働組合を毛嫌いすることなく、積極的な対話で信頼関係を築く努力を忍耐をもって続けるなど、時間がかかっても、地道な対応を続ける以外に妙案はないようです。押忍!

関連記事

  1. 日本政府は売り込みに熱心だけど時速300キロの新幹線がタイに本当…

  2. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手…

  3. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高…

  4. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思える…

  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航して…

  6. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. バンコク地下鉄(MRT)ブルーライン(フアランポン駅~タオプン駅)の延伸路線試運転が7月29日から始…
  2. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  3. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  4. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
  5. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  6. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  7. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  8. 30年前ほど前、バンコク中国人街の一角にある安宿ジュライホテルで沈没していました。貧乏旅行を…
  9. ワールドアトラスによれば、タイ人10万人当たりの交通事故死亡者数は36・2人で世界最悪。以下…
  10. タイの首都バンコクのお隣、パトゥムタニ県ムアン郡の市場での出来事です。屋台で魚を売っているオバさんの…
ページ上部へ戻る