閉じる
  1. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見ていま…
  2. タイ人の本音② ~ 日本人・日本企業はこう思われています
  3. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  4. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  5. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  6. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」
  7. タイで一向に減らない交通事故 事故を起こした男性が「赤は進めだろ」
  8. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
閉じる
閉じる

三面記事で知るタイ

タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 < 悪い影響」というのが現実です。


タイのテレビドラマのレベルの低さは時として呆れるほど。ロケツーリズムでロケ隊を誘致する際には、脚本をよく見てからにした方がいいかもしれません。

タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです。交通事故に遭った女性考古学者が大昔にタイムスリップするというテレビドラマ「Love Destiny」がヒットしたことで考古学者に関心を持つ若者が増えたようです。

ただ、タイのテレビドラマで誰かに視聴を勧めたくなる作品と出会うことはほとんどありません。以前、タイの王妃陛下が、タイのドラマの質に苦言を呈され、日本を見習うようお話になりました。この時に比較されたのが、ともにパイロットが主役となっているドラマで、日本側はキムタク主演の「GOOD LUCK!!」、タイ側は女性客室乗務員とパイロットの恋愛模様を描いたメロドラマ「War of Angels」を挙げられました。別に日本のドラマを称賛する気は毛頭ないですが、確かにタイのドラマと比較すると、まだマシであると思います。ちなみに、War of Angelsはタイ航空から「内容がひどすぎる」として正式に抗議を受けています。

また、タイ人大学生による日本語弁論大会では、男子学生がタイのドラマのことを「ろくに仕事をせず、女性のことだけ考えている金持ちが毎回主役をしている」と揶揄していました。もちろん、すべてとはいいませんが、多いことは確かです。

もっともこれだけでしたら、苦笑で済ませることもできますが、そうもいかないのが暴力シーンの描写です。一時期問題となったのは、逆恨みされた女性が顔に塩酸・硫酸をかけられるシーン。実際にこれを真似た犯罪が複数起きていたにもかかわらず、相も変わらずこのシーンを使うアホな監督がいました。さすがに今はなくなっているようですが、それでは陰惨ないじめシーンはタイドラマのお約束であり、若い層からは、「もう飽き飽き」との声も聞かれます。

タイのロケ隊を地元に誘致し、ロケツーリズムを育てていこうとする日本の自治体が増えています。ただ、それもドラマがヒットしなければどうにもなりせん。さらに言えば、日本に旅行する可能性のある層にウケる内容でなければ意味がありません。

ロケツーリズムが非常に効果的であることは間違いありません。そのためには、ロケ隊誘致の前にまずしっかりと脚本に目を通すほか、地元自慢のインスタ映えスポットがしっかりと盛り込まれているかもチェックした方がいいかもしれません。フェイスブックに写真を掲載した際、他人から“いいね”されるスポットがあるかどうかは、タイ人が旅行先を決める上でのかなり重要なポイントとなるからです。

関連記事

  1. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決…

  2. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意して…

  3. 日本ではしかが流行しています。埼玉ではタイ人観光客、名古屋ではタ…

  4. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

  5. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思える…

  6. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本語が堪能なあるタイ人経営コンサルタントによると、タイ人は日本人の上司が自分に対して何をしてくれた…
  2. タイでは大学の成績上位者の間で日本企業の人気が低いといいます。上昇志向が強ければ強いほど、日本企業へ…
  3. バンコク日本人商工会議所の会員企業が1700社を超えるなど、タイには自動車業界を筆頭に日本企業が集積…
  4. タイの地方では以前、「免許証は買うモノ」とされていました。まず、オートバイを買う。そして、そのオート…
  5. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
ページ上部へ戻る