閉じる
  1. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも左右さ…
  2. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待…
  3. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
  4. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極力蚊に…
  5. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
  6. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  7. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  8. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  9. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  10. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるように…
閉じる
閉じる

タイの話題

カテゴリー:タイで安全に暮らす

この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境づくり」です。そして、「家庭内部暴力」の定義ですが、生命・精神・健康・自由・名誉を害するあらゆる「暴力」が対象となっています。さらに…

喫煙規制先進国のタイでは、オフィス、レストラン、医療機関、教育機関など公共性の高い施設の大半が禁煙エリアとなっていますが、これに加えて、一部施設については出入り口・ドア・窓・換気口から5㍍以内での喫煙も禁止されました。管理者は「NO…

タイで最も交通事故が起きるのはタイ正月(4月13日)前後の長期休暇です。例えば今年ですが、運輸省国道局は4月に国道で起きた交通事故が昨年より14%増えたと発表しています。ちなみに死者数は22%増加しています。具体的には、2269件の交通事故…

私の旧友が15年ぶりにご主人とタイにやってきました。バンコク・スクムビット22のホテルにチェックイン後、夜食を買うため近くのコンビニに入ったところ、肌の白いアラブ系の男が「私は日本が大好きだ。ワサビ味の日本のお菓子が欲しいので、一緒…

タイではひと昔前は、睡眠薬強盗、トランプ詐欺、美人局などの犯罪が頻繁に起きていましたが、今はガイドブックなどで紹介されているためか、これらは古典的犯罪となり、被害件数は減っています。その一方で、スリ、ひったくりは相も変わらず…

タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコス)持ち込みについて」以下のような注意を掲載しました。「日本ではあまり知られていませんが、タイでは電子たばこ禁止条例がタイ商業省から…

今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損なっていることが問題視されたのがきっかけです。今年2月1日から禁煙指定されたビーチでタバコを吸うと、1年以下の禁錮刑または10万バー…

空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙巻たばこは200本(1カートン)までとなっています。これ以上の免税たばこはたとえ空港税関で税金を支払ってもタイに持ち込むことができません。…

ピックアップ記事

  1. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  2. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  3. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  4. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  5. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  6. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  7. タイ国政府観光庁(TAT)の日本語ホームページでは昨年10月26日、「電子たばこ(アイコ…
  8. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  9. タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです…
  10. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
ページ上部へ戻る