閉じる
  1. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  2. 今年2月1日からタイの24のビーチが禁煙となりました。違反者には最高で…
  3. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  4. つんく♂さんが声を失う原因となった喉頭がん。夫のたばこの煙が原因で喉頭…
  5. タイ版第4次産業革命「タイランド4・0」。ここでの最優先政策は高等教育…
  6. 電子たばこをタイで所持していると警察に捕まる可能性があります。ご注意く…
  7. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  8. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  9. 知る人ぞ知るバンコクの一品。肉体労働者のための特盛麺「バーミー・チャッ…
  10. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているよ…
閉じる
閉じる

タイの話題

カテゴリー:新型コロナ情報/タイ

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
  2. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  3. グーグル人事部の新入社員選考基準のひとつが、自分より優秀な人材を選ぶことだといいます。ただ、…
  4. 昼食時にフェイスブックを眺めていると数式の投稿がありました。「7+7÷7+7×7-7、正解は…
  5. たばこの先端から立ち上がる煙(副流煙)には、喫煙者が吸い込む煙よりも多くの有害物質が含まれて…
  6. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
  7. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  8. 私が日本で暮らしていた頃、ドン・キホーテはまだなかったため、昨年10月、日本に一時帰国した際…
  9. 英国の非政府組織(NGO)「オックスファム」によれば、世界の人口の1%にあたる富裕層の資産は…
  10. タイ国立シラパコン芸術大学によりますと、今年の考古学部志願者数が昨年を大きく上回ったそうです…
ページ上部へ戻る