閉じる
  1. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています…
  2. 日本でのタイ人観光客に対する歓迎の度合いは15年前と比べ雲泥の差。
  3. タイ人に日本式お辞儀を仰々しく指導するのはまったく無意味に思えるのだが…
  4. 「禁煙先進国タイ 禁煙後進国日本」。日本はタイに学んでください。
  5. 「知らなかった」は通用しません。タイはたばこの持ちこみには極めて厳格で…
  6. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  7. タイでも広がる富裕層と貧困層の格差。空回りする政策。「タイの将来、大丈…
  8. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
  9. タイでもテレビドラマはそこそこの影響力があります。ただ、「良い影響 <…
  10. 「もし、あの時、タクシン元首相の判断がもっと早ければ…」
閉じる
閉じる

タイの話題

これからの雨季、タイでは垂れ下がった電線ケーブルに十分注意してください。

5月下旬、タイでは大半の地域が雨季入りしました。気象局によりますと、今年の雨季は例年より少し長めということで、これから10月中旬まで雨の日が増えます。

「風物詩」というのは不謹慎ですが、この季節に増えるのが感電死。そして諸悪の根源といえるのが垂れ下がった電線ケーブルです。

バンコクでは現在、電線ーブルを地中に埋める計画を進めようとしていますが、いまでも多くのエリアでは束になった黒い電線ケーブルがその重さで垂れ下がり、地面に接しているところがあります。

この電線の絶縁体が擦り切れ、むき出しとなった銅線が水たまりに触れている場合、当然その水たまりに触れると感電することになります。最近は水たまりの横に設置してある自動預払機(ATM)から現金を引き出そうとしたタイ人女性が感電し大けがをしました。一昨年には水につかった電話ボックスに入ろうとして感電死したタイ人男性もいます。

なかには水につかりそうになった電線ケーブルを束ねようとしてむき出しの銅線に触れた男性が感電死した現場で、警察による検証時、その時の様子をみていたオートバイタクシーの運転手が「実演」。よせばいいのに、実際に電線をつかんでしまい、感電死するという信じられない事故も起きています。

垂れ下がっている電線ケーブルによる事故は感電死だけでなく、中部チャチュンサオ県では今年5月16日、オートバイがその電線に絡まって転倒し重傷を負う事故も起きています。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”man_komarigao.jpg” name=””]雨季の外出時は、電線ケーブルが地面に触れていないかどうか、十分に注意された方がよさそうです。[/speech_bubble]

関連記事

  1. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放して…

  2. タイは雨季にデング熱が流行します。今年は重症化するようですので極…

  3. タイ下院総選挙でいきなりのアメージング。これだからタイは何年いて…

  4. タイ東北部に住む15歳の少女が今年8人目の狂犬病の犠牲者となりま…

おすすめ記事

  1. タイでは8月20日から自宅で喫煙をした夫を妻が訴えることができるようになりましたが・・・
  2. バンコク地下鉄ブルーラインが延伸路線を9月28日まで無料開放しています。 インスタ映えスポット満載です。
  3. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部施設を除きほとんど守られていないのはタイらしいところです。
  4. タイに進出したドン・キホーテ 開店フィーバーが一段落した後の一手に期待です
  5. がんばれサイアム高島屋! 満を持してのタイ初出店も集客は難航しているようです。

ピックアップ記事

  1. タイに移住する前、仕事で高島屋とかかわりがあったためか、この百貨店には特別な思いがありま…
  2. タイの首都バンコクと北部の観光地チェンマイを結ぶ約670キロの路線に日本の新幹線方式の高速鉄…
  3. 2011年の話ですが、タイ・サッカー代表チームのブライアン・ロブソン監督が喉頭がんの手術を受…
  4. 今回のビーチでの禁煙は、観光客に人気のあるビーチに大量のたばこの吸い殻が落ちており、美観を損…
  5. タイでは、タイ人はタイ語、日本人は日本語で講演を行うセミナーが多いため、同時通訳が必要となり…
  6. 空港の免税品店などで買った免税たばこ(納税シールのないものです)をタイ国内に持ち込む場合、紙…
  7. タイでは日系人材教育施設が開催する「日本式おもてなし教育セミナー」を受講するタイ人が徐々にで…
  8. この新法で特に強調されているのが「家庭内暴力の防止」および「家族全員が安全に暮らせる生活環境…
  9. 15年ほど前、タイ人ツアーにタイから同行した際、東京・池袋のホテルに宿泊したのですが、チェッ…
  10. 「おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もついにはほろびぬ…」。平家物…
ページ上部へ戻る