閉じる
  1. 交通事故死亡率世界一のタイ。お化け屋敷でのタイ人のリアクションにもその…
  2. タイ人の本音② ~ 日本人・日本企業はこう思われています
  3. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……
  4. タイで一向に減らない交通事故 事故を起こした男性が「赤は進めだろ」
  5. 「同情の余地は……あまりなし」。タイ人は激高しやすい方が多いので、口論…
  6. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見ていま…
  7. タイ人の本音① ~「日本人のここが嫌い」
  8. 可愛いからといって子犬や子猫をなでる時は噛まれないように注意してくださ…
閉じる
閉じる

三面記事で知るタイ

これからの雨季、タイでは垂れ下がった電線ケーブルに十分注意してください。

5月下旬、タイでは大半の地域が雨季入りしました。気象局によりますと、今年の雨季は例年より少し長めということで、これから10月中旬まで雨の日が増えます。

「風物詩」というのは不謹慎ですが、この季節に増えるのが感電死。そして諸悪の根源といえるのが垂れ下がった電線ケーブルです。

バンコクでは現在、電線ーブルを地中に埋める計画を進めようとしていますが、いまでも多くのエリアでは束になった黒い電線ケーブルがその重さで垂れ下がり、地面に接しているところがあります。

この電線の絶縁体が擦り切れ、むき出しとなった銅線が水たまりに触れている場合、当然その水たまりに触れると感電することになります。最近は水たまりの横に設置してある自動預払機(ATM)から現金を引き出そうとしたタイ人女性が感電し大けがをしました。一昨年には水につかった電話ボックスに入ろうとして感電死したタイ人男性もいます。

なかには水につかりそうになった電線ケーブルを束ねようとしてむき出しの銅線に触れた男性が感電死した現場で、警察による検証時、その時の様子をみていたオートバイタクシーの運転手が「実演」。よせばいいのに、実際に電線をつかんでしまい、感電死するという信じられない事故も起きています。

垂れ下がっている電線ケーブルによる事故は感電死だけでなく、中部チャチュンサオ県では今年5月16日、オートバイがその電線に絡まって転倒し重傷を負う事故も起きています。

関連記事

  1. 身体いい食品のトップは「水」、タイの見本市にも時々出品されていま…

  2. バンコク都庁では年1回のエックス線検査を推奨しています。結核は決…

  3. タイ人の本音③ ~ タイ人スタッフは日本人をかなりシビアな目で見…

  4. 日本政府による日本語教育支援事業。その成果はタイ人教師の性格にも…

  5. タイ保健省が禁煙エリアに新ルールを設けました。ただ、空港など一部…

  6. 聞きたいタイ語の講演があったけど通訳の日本語がよく分らなかった……

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本語が堪能なあるタイ人経営コンサルタントによると、タイ人は日本人の上司が自分に対して何をしてくれた…
  2. タイでは大学の成績上位者の間で日本企業の人気が低いといいます。上昇志向が強ければ強いほど、日本企業へ…
  3. バンコク日本人商工会議所の会員企業が1700社を超えるなど、タイには自動車業界を筆頭に日本企業が集積…
  4. タイの地方では以前、「免許証は買うモノ」とされていました。まず、オートバイを買う。そして、そのオート…
  5. 日本では現在、狂犬病に感染することはありませんが、タイでは狂犬病ウイルスを持った犬はまだおり…
ページ上部へ戻る